7 蓮沼執太さんの10年メモ




2013年4月に渋谷WWWで開催されたライブ「蓮沼執太フィルのレコ発」も大盛況、
7月に『Music Today on Fluxus 蓮沼執太 vs 塩見允枝子』展も控え、大活躍の蓮沼執太さん。
2年目を迎えた10年メモ、どのようにお使いになっていますか?

蓮沼執太さんの使い方

こんにちは、2年目の10年メモです。僕は毎日出会った人の名前を書いています。
前回の「もこもこスリッパ」さんと一見、形は似ていますが、これは自分自身で書いています。





自分で人の名前をメモする事の大きな理由は2つ
1:毎日、人と出会う事が多いのですが、どうにもこうにもお名前を覚えられない。
2:その時期と名前が記載されているだけで、そのときの自分が何をしたかを考えて思い出せる。

例えば、
4/12だったら、イラストレーターのNoritakeさんと会って、
翌年は一緒に蓮沼執太フィルを制作している清宮さんに会ってた。
4/17だったら、ミュージック・トゥデイ・ラフォーレというイヴェントを
小沢康夫さんと制作していて、翌年はラッパーの環ROYと会っていた。





時間の蓄積や純粋なメモとしての記述だけが残るのではなくて、
未来の自分が「10年メモ」を読んで
「過去を想像する」みたいなことが出来たら素敵だな、と思ったりします。

さて、5月から半月、ナイロビに滞在制作に行ってくるので、
ケニア人の名前が記載されるのでしょうか。

近況
5月よりナイロビにレジデンスに行ってきます。
ナイロビ在住のアーティスト・西尾美也さん、
無人島プロダクションの田口行弘さんとご一緒します。




取扱店はこちら                 店頭在庫のみのお取り扱いとなります




蓮沼執太(はすぬま・しゅうた)
1983年東京都生まれ。蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演や音楽アルバムのリリースなどを行う。
主な個展に『have a go at flying from music part 3』(2011年 ブルームバーグ・パヴィリオン|東京都現代美術館)、『音的|soundlike』(2013年 アサヒ・アートスクエア)。7月7日(日)国立国際美術館にて『Music Today on Fluxus 蓮沼執太 vs 塩見允枝子』を開催予定。
www.shutahasunuma.com